松下正己『非在の本』(2005年)

(マーブル紙と革の継ぎ表紙による典型的な装幀を、「彩色木彫」として表現しました。ただの木材に色を塗っただけのもので、「本」ではありません。しかし本の非在という主題は、表層の与える印象を限りなく本に近づけていくことによって、はじめて成立することになります。第3回東京製本倶楽部展に出品)