「アンディ・ウォーホルの肖像
・進出と後退」

2004年/180×120cm/アクリル板にアクリルガッシュ

モノクロのウォーホルの顔写真を方眼状に分割し、各グリッド内の明度を9段階に分類。これを、蛍光赤の正方形の大きさに変換しました。方眼状に後退色である青のラインを入れているために、赤い正方形が突出する錯視が生じます。また、隣接する部分に画素がないラインの交点に白い円を入れていて、この部分でも円の中に黒い円が明滅する錯視が生じます。